ほんなもん体験って?

まつうら党体験隊・松浦党の里とは

「まつうら党体験隊」とは

「まつうら党体験隊」は、個人やグループ向け体験プログラムの総称です。 まつうら党→松浦党とは、日本三大水軍の一つで、源平合戦や元寇の折に活躍した「松浦党水軍」の事。その水軍を率いた「松浦党」は福岡県西部から五島列島、南は長崎県大村市に及んだ地域領主の連合体でした。 松浦党は、東アジアとの自由な関係や上下関係のない並列的な組織運営において、13地区で連携してコーディネートシステムを運営する私たちの憧れる海の民です。その「松浦党」にあやかり「まつうら党体験隊」と名付けました。


「松浦党の里ほんなもん体験」とは

「松浦党の里ほんなもん体験」は一般団体や教育旅行向けの体験プログラムの総称です。 源平合戦や元寇の折に活躍した松浦党の上下関係のない並列的な組織運営や「ほんもの」=「ほんなもん」にこだわり、敢えて中身の無いお手軽体験と区別するために名付けました。


“ほんもの体験”へのこだわり

「まつうら党体験隊」ならびに「松浦党の里ほんなもん体験」の体験プログラムは、手軽に出来るよう安易に作ったものはなく、日常あるがままの生業等をそのままプログラム化し、達成感や感動に至りそして心高まる「ほんもの」の体験にこだわっています。私たちは、急速な経済発展によりわずか数十年の間に豊かな生活を手に入れることができた反面、あまりに多くの大切なものを失くしてしまいました。 長い時間をかけて受け継がれ検証されてきた言い伝えや食文化、農漁業における自然との共生の考え方、家族や地域社会などの人間関係等々…どれもが大切な宝であり、私たちの人間性を取り戻し癒してくれるものです。「まつうら党体験隊」ならびに「松浦党の里ほんなもん体験」は、人間性回復の「ほんもの」の体験を提供します。


運営にあたって

私たちの体験は、一つの体験時間が2~4時間、「個人やグループのお客様」のお客様2~10人に最低1人、「一般団体や教育旅行」のお客様5~10人に最低1人のインストラクターがそれぞれ対応します。 安全を最優先し、万が一に備え民泊を含む全ての体験に保険を掛けています。


民泊について

まつうら党の民泊について知りたい方は下記ページをご覧ください。

民泊のご案内