プログラム

漁村民泊体験

海の恵みに育まれた漁村の暮らしを体験します。日常とは異なる島の生活を体験し、夕食や朝食を一緒に作って、漁村の料理(食文化)を学びます。少子化の中で、日頃学ぶ機会の少ない家族の役割分担や思いやりの大切さを漁村ステイを通じて知っていただきます。漁村の家族になりきり、心地よい人間関係や信頼関係を築く喜びを経験し、第二の故郷を作ってください。

最少催行人数 2名以上(民泊家庭1軒あたり)
服装・持参品 エプロン、三角巾、寝間着、歯ブラシ、タオル ★バスタオルはお貸しします
体験条件 料金については、「民泊のご案内」をご覧下さい。家族パックも有ります。
エリア名 鹿町小佐々、志々伎、中平戸、生月、大島、田平、鷹島、今福、星鹿、青島 カテゴリー名 漁業体験 旅行区分 期間限定
体験者の声 「松浦党 ほんなもん体験」には、体験者の方から、多くの声が集まっています!その中から、一部ご紹介します!!
青島の夕日(生徒さんからいただいた文集より)

2011-08-11 青島 I さん

 青島は何もないと聞かされていたが、本当になにもない。昼間は船釣りでカサゴなんかを取ったり、田畑を営んで、自給自足の長閑な生活を送っている。外灯、コンビニ、車の音がなく、月灯りだけで夜中が過ごせる、そんな世界がきらきら映ったところに住みたいと、心から願ってみた一時でもあった。
 土地だけでなく、青島は都会とは違った夕日、朝日がある。それはそこの人々の夢と絶え間ない努力のおかげだと思っている。
 青島の人は中高年が多いが、僕ら以上の夢を持っている気がする。人は年を重ねる毎に老いていくのではなくて、夢を持つことを忘れた瞬間から、老いが始まる。叶わぬ願いの多さに悲しくなる時もあるけど、今を生きることや、靄にかすむ未来を切り開く勇気を少しだけでも、もらった気がする。

わかりにくい美しさ(生徒さんからいただいた文集より)

2011-08-11 中平戸 T さん

 原子爆弾が投下された町、長崎。私達の知らない事実が実際に起こった土地。そんな土地に住む人々は笑顔の絶えない明るい方ばかりだった。
 私が宿泊させていただいたのは、六人家族の○○さん宅だった。おばあちゃんが家にいて、子供が三人という、私からしてみれば大家族だった。とても明るいお母さんとすぐに仲良くなれた。家から一歩出れば大自然。そんな暮らしがすごくうらやましく思えた。目の前に広がる棚田ははるか下、眼下に広がる真っ青な海まで続いている。海にはたくさんの船が浮かんでいて、遠くにはたくさんの島が見えた。水平線がなだらかに丸くなっていて、今さらながら地球はまるいんだと思った。普段、無感動な私が長崎の自然にひどく感動した。写真をとらなくても鮮明に覚えている。
 偶然選ばれた長崎に落とされた原爆。京都は美しい重要文化財があるという理由で落とされなかった原爆。美しいという理由なら長崎だってすばらしい自然があった。それでも原爆を落とすことができたのは、自然はわかりにくい儚い美しさだからだと思う。多数が美しいというものばかりに目がいき、本来の原点の美しさは本当に気をつけて見ないとわからない。そんな美しさにふれあうことができて本当に良かったと思う。もう二度とわかりにくい美しさが破壊されることがないように願う。そして、もっと私の知らない過去の事実を知っていき考えていきたい。

ありがとう 心を込めて いただきます(生徒さんからいただいた文集より)

2011-08-11 今福 I さん

 待ちに待った『漁業体験』が始まり、私は「かご漁」を体験させてもらった。いくつかかごを上げていくと、何か動いているものがかごの中に見えた。それは元気のいいタコで、袋に入れるのも二人がかりだったがうれしかった。その後は「船釣り」を体験させてもらい、カサゴやベラを釣った。
 その夜には、民泊先の方と一緒にとれたばかりのタコとベラを料理して、 晩ご飯で食べさせてもらった。とれたばかりの魚は甘くておいしかった。民泊先では魚の他にもたくさんごちそうを用意してくださっていたので、全部食べきれそうになく、残そうかなと思い始めてしまった。けれどよく考えてみると、人間は生きていくために多くの植物や動物たちの命を犠牲にしている。人間だけでなく、他の動物も食事をするが、食べ物を残すのは多分人間だけではないかなと考えた。魚をとったのは私たちで、私たちは生きるために魚の命をもらっている。だから残すということは魚の命を無駄にするということなので、すごく失礼なことだと思った。そう考えると、残さず食べることができた。
 命を無駄にしないため、私を生かしてくれている命に感謝し「いただきます」を言っていこうと思えた漁業体験だった。

笑顔(生徒さんからいただいた文集より)

2011-08-11 鹿町小佐々 W さん

 民泊にあまりいいイメージを持っていなかったが、民泊をさせてもらったお家のかたは、最初から家族のような話し方で話してくれて、本当の家族みたいだった。おばあちゃんも○○○さんもずっと笑顔でいてくれた。ずっとここにいたいなぁと思った。
 二日間鹿町にいて、いちばん思ったことは、鹿町の人たちは本当に優しい心をもっているんだなぁ、ということだ。あんなに優しくて、周りの人を幸せにしちゃうような素敵な笑顔は、優しい人だからこそできる笑顔なんだと思う。すごく不安でも、どんなに疲れていても、笑顔で元気になれるんだと思った。
 私が住んでいる街にもそんな笑顔があったらいいなと思うから、笑顔でいたいなと思う。そして、周りの人を元気にしてあげられるような人になりたいと思う。
 おばあちゃん、○○○さんありがとう。また行くけん!! 待っててね!!

ステキなお母さん

2010-06-17 生月 A さん

初めは民泊と聞いて、とっても不安でした。
けど実際に民泊をして本当の娘みたいに可愛がってくれたり、料理を教えてくれたり、夜に海岸を散歩して星を見たりと、とってもステキな思い出ばかりです。
また、家族や友達の大切さも教えてくれました。長いようでとっても短い二日間でしたが、とても充実していて一生の宝物です。
最後にお別れをする時に、お母さんは最後まで笑顔でいてくれた事を私は今でもまだ覚えています。「苦しいことや悩みがあったらお母さんに相談してくれていいのよ」と言ってくれた時は、本当に涙が出てきてしまいました。あのお母さんの笑顔は一生忘れません。
またいつか絶対お母さんに会いに行きたいと思いました。

得たもの(生徒さんからいただいた文集より)

2010-04-07 青島 H さん

 昔のトラウマで私は人と接するのが苦手。友達や先生なら未だしも、知らない人や男子と話すのは本当に接し方に困る。普通の学校生活なら関わり合いたくなければ方法はいくらでもある。でも今回の修学旅行では男子と行動しなければならない時がある。そして何よりもホームステイが私にとって難関だった。知らない人の家に泊めてもらうなど言語道断、心配のしすぎのせいか当日体調を崩すの始末。
 対面式の時ホームステイ先の方が来られた時は本当にちゃんと接することが出来るか不安で不安で仕方がなかった。泊めて下さる○○さんに最初は話すことが出来なくて黙ってしまったけれど○○家の方はとても優しく接して下さった。夕食の時は同じ団地に住んでいる○○さんの知り合いの方も一緒に食べた。その方もすごく優しく年長と小二の子供たちもとても私に懐いてくれた。本当に我が子の様に接してくれている○○さんを見ているうちに、私もいつの間にか普通に笑顔で接することが出来ていた。
 三日目の自由行動も思っていたより嫌なものではなく、男子もちゃんと私たちが物を買っている時、待っていてくれた。やはり話をすることはあまり出来なかったが、一歩前に進めたので良かったと思う。
 まだ人と接するのは苦手。でもこの修学旅行で少し分かったことや変わったことがある。笑顔は周りの人をも笑顔にさせること。それに苦手だからってそれから逃げないこと。今回、私がこの修学旅行で得たものは目には見えないけれど、とても大きなもの。

温もり

2010-04-07 鷹島 K さん

 人の温かさというものを改めて実感できた2日間だったと思う。
 家族っていいなって思った。あんなに多人数で、ご飯を食べたのはどれぐらいぶりだろう。みんなで話ししながら、いっぱいご飯を食べた。それがどれだけ私達にとって心温まり、本当の家族のような安らぎに感じられたかは、はかりしれません。
 民泊というものは正直、はじめは嫌でした。けれどホテルで2日間とまっていたら、またこの修学旅行は違っていたと思います。民泊先で出会った人、物、環境すべてが新鮮で、自分自身の今おかれている状況を見直し、家族の大切さ、ありがたさというものを改めて知ることができたように思いました。

父親

2010-04-07 鹿町小佐々 T さん

 ほんの短い間でしたが、家族のあたたかさを改めて感じました。
 そして何よりも心に残っているのは、「父親」という存在感が何となく分かった事です。父のことは全く覚えていないし、親戚や友達の家に泊まった時は特別扱いなのでよく分からなかったんです。でも、さばき方を教えてもらっている時、何気なく話している時、おばさんとならんでいた時、これが父親なんだなって思ったんです。本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

一生の宝物

2009-07-01 今福 O さん

 1日だけという短い間でしたが、良くして頂きありがとうございました。神戸に帰ってから、家族にその日のことをたくさん話しました。
 ご飯のこと、「ほんなもん体験」でのカゴ漁でタコとイカが獲れたこと、そして家のそばに海があることや山に囲まれていることなど神戸に帰って来てから何日経ってもまだ話しきれないほど良い体験をさせていただいたと思います。
 短い間でしたがその日のことは、一生の宝物にしたいと思います。

別のプログラムを検索する