プログラム

農村民泊体験

山河に恵まれた暮らしや、農村での生活を体験します。夕食や朝食を一緒につくり、農村の料理(食文化)を学びます。お客様としてではなく家族として農村の生活を体験することで、自分の家族についても理解を深めることができます。初めて会う人達とうまく交流できるかどうかは全て本人の努力次第です。そこから生まれる人への信頼は何ものにも代えがたい自信となり財産となるはずです。第二の故郷となることを願っています。夜は天気が良ければ、星空観察なども出来ますよ☆★

最少催行人数 2名以上
服装・持参品 エプロン、三角巾、寝間着、歯ブラシ、タオル、★バスタオルはお貸しします
体験条件 料金については、「民泊のご案内」をご覧下さい。家族パックも有ります。
エリア名 鹿町小佐々、中平戸、田平、上志佐、田代 カテゴリー名 農林業体験 旅行区分 期間限定
体験者の声 「松浦党 ほんなもん体験」には、体験者の方から、多くの声が集まっています!その中から、一部ご紹介します!!
あっという間の日々(生徒さんからいただいた文集より)

2011-08-11 田平 N さん

 長崎に着き、一日一日が充実していたけれど、一番心に残っているのは、やはり田平で過ごした日々である。
 民泊先のお母さんと一緒に田舎料理作りをしながら、いつしか思いっきり笑いながら自然とおしゃべりをしていた。団らんの時間、一緒にお笑い番組を見て突っ込んだり、笑ったり。当たり前の様な事だけれど、それが本当に嬉しかった。家族の一員としてこの民泊先の家にいる感じになれたのが。
 お父さんが帰り際にポンッと『またな』と背中を叩いてくれたのは今でも忘れられない。
 田平での日々は、普段体験できない事を学び、そして人の温かみを感じる事の出来た、幸せな日々だった。

帰りは泣いてしまいました…

2009-07-01 田代 U さん

 本当にありがとうございました。この経験で私はいろいろと変わったきがします。なんか本当のふるさとみたいで。。。帰りのバスの中で友達と泣いてしまいました。もっともっと田代に居たかったなぁなんて思いながら涙がとまらなくて。またいつか絶対に会いに行きたいです!!

ふるさとができました。

2009-07-01 田代 Y さん

 先日は本当にお世話になりました。僕のふるさととはありません。それは、田舎で生まれず都会のど真ん中で生まれてずっとマンション暮らしだからです。なので田代をふるさと代わりに生きてゆきたいと思っています。ありがとうございました。

別のプログラムを検索する