体験者の声

「松浦党 ほんなもん体験」には、体験者の方から、多くの声が集まっています!その中から、一部 ご紹介します!
温もり

2010-04-07 鷹島 K さん

 人の温かさというものを改めて実感できた2日間だったと思う。
 家族っていいなって思った。あんなに多人数で、ご飯を食べたのはどれぐらいぶりだろう。みんなで話ししながら、いっぱいご飯を食べた。それがどれだけ私達にとって心温まり、本当の家族のような安らぎに感じられたかは、はかりしれません。
 民泊というものは正直、はじめは嫌でした。けれどホテルで2日間とまっていたら、またこの修学旅行は違っていたと思います。民泊先で出会った人、物、環境すべてが新鮮で、自分自身の今おかれている状況を見直し、家族の大切さ、ありがたさというものを改めて知ることができたように思いました。

父親

2010-04-07 鹿町小佐々 T さん

 ほんの短い間でしたが、家族のあたたかさを改めて感じました。
 そして何よりも心に残っているのは、「父親」という存在感が何となく分かった事です。父のことは全く覚えていないし、親戚や友達の家に泊まった時は特別扱いなのでよく分からなかったんです。でも、さばき方を教えてもらっている時、何気なく話している時、おばさんとならんでいた時、これが父親なんだなって思ったんです。本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

思い出

2009-09-17 福島 S さん

この度は、松浦党で船釣り体験をさせていただき有り難うございました。
氷詰めにしてもらった魚は、全て唐揚げや煮付け、天ぷらやおつゆなど、美味しくいただきました。
皆さん話しやすかったし、料理もすばらしくて、あの様な形でもてなしていただけるとは、思っても見ませんでした。
家族初めての九州旅行が、とても良い思い出となりました。次回、九州に行くことが有れば、是非又お願いしたいと思います。

一生の宝物

2009-07-01 今福 O さん

 1日だけという短い間でしたが、良くして頂きありがとうございました。神戸に帰ってから、家族にその日のことをたくさん話しました。
 ご飯のこと、「ほんなもん体験」でのカゴ漁でタコとイカが獲れたこと、そして家のそばに海があることや山に囲まれていることなど神戸に帰って来てから何日経ってもまだ話しきれないほど良い体験をさせていただいたと思います。
 短い間でしたがその日のことは、一生の宝物にしたいと思います。